検図システム

設計段階でのミス・漏れを事前に検知・修正

検図システムとは、2次元で製作された図面どおりにコンピューター上で3D化・モデリングし、実際に製造・組立を行ったときの不具合などを事前に検査するシステムの事をいいます。
2D図面
2D図面
弊社作成の2D図面だけでなく、お客様側でご用意いただいた図面でも可能です。
3D化 モデリング
3D化 モデリング
2D図面のデータを実際に弊社スタッフが数値を打ち込み3D化モデリングをします。
   
製造・設置
製造・設置
製造時の図面不備による数値の確認や、最悪の場合作り直しなどの無駄がないため、コストを削減し、納期の短縮も実現されます。
再2次元化 2D図面
再2次元化
モデリング時に抜けがあった部分などへの修正も含め、製造時に問題が発生しない2D図面を再度作成します。
コストの削減・短納期化を実現
上記の検図を行うことで、2D図面では発見する事が困難な「設計段階の数値のずれ・漏れ」などをモデリング時に検出する事が可能となります。
そのため、検図無しで製造を進めた場合と比較した場合、製造・組立時に問題が発生し作業がストップ一から作り直しなどの無駄な作業が無くなり、無駄なコストの削減、納期の短縮につながります。
検図のみのニーズにも対応
弊社PSSでは、どのような製品製造でもこの2D図面をモデリングし、モデリングで問題ない状態で再度2D図面化し製造を進めます。
この検図システムをより広く活用いただくために、検図のみのニーズにも対応しております。

無駄の無い、より効率的な製品製造をお考えのお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。